三菱電機テレビCM 

最新作はキャベツが山盛り!

三菱電機は9月29日、千代田区の東京国際フォーラムで新テレビCMの披露と、出演者によるトークイベントを行った。

同社は、創立100周年を迎える2020年度に向けて、家庭電器事業をさらに高いレベルへ成長させるため、B to C事業の国内統一宣伝キャッチフレーズ「ニクイねぇ!」を展開するコミュニケーションを2014年6月に開始した。

女優の杏さん、戸田恵子さん、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんの3人が家族を演じる「ニクイねぇ!」CMシリーズは好評で、同30日から放送する最新作はシリーズ第21弾となる。

冒頭、杉山武史専務は「CM同様『ニクイねぇ!三菱』と言ってもらえるよう、商品を通して、より省エネに、より快適な暮らしづくりに貢献していきたい。今後のさまざまな展開に期待してほしい」とあいさつした。

 

「千切り過多」編では、夫役の若林さんが気を利かせて夕食のトンカツ用にキャベツを買って帰るが、妻・杏さんの手にはすでにキャベツが、という場面きっかけに、野菜の鮮度を長持ちさせる「朝どれ野菜室」を搭載した冷蔵庫「置けるスマート大容量」シリーズの魅力を訴求するもの

ステージには“ニクイねぇ!ファミリー”の3人が登壇し、トークを繰り広げた。

3年目を迎えたファミリーの変化について、若林さんが「少しヌケてる夫の役柄は変化なし」と話すと、杏さんは「そのヌケ具合のパターンが、CMによって異なるのが楽しみ」と笑いを誘った。戸田さんは「回数を重ねるごとに家族感が増して撮影が楽しい」と語った。

夫婦役の2人は、キャベツの千切りをするシーンでは映像の早回しで処理する予定が、両者とも千切りが上手でその必要がないかもしれない、と言われたなどのエピソードを披露。戸田さんは「せわしない毎日の中、われわれ“ファミリー”のCMを見てゆったりした気持ちになったり、ホッとしてくれたらうれしい」と話した。

話題がホームパーティーに移ると、杏さんは大容量冷蔵庫に「あらかじめ作った料理を冷やしたり、飲み物もたくさん入るので重宝している」、戸田さんは「野菜室にたくさんの野菜がそろっているのを見て、一人でにんまりしている」と明かした。また、杏さんが開くパーティーに「若林さんも次回はぜひ来てください」と誘うなど、プライベートでも仲が良い様子。これからもファミリーのCMは続きそうだ。

「ニクイねぇ!」公式サイト:http://www.mitsubishielectric.co.jp/nikuine/

ここでは“がんばるママ&パパを応援する暮らしと家電の情報サイト”「ニクイねぇ!PRESS」も閲覧できる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ