ベストジーニスト2016に菜々緒さん、キスマイ藤ヶ谷太輔さんらが選出!

日本ジーンズ協議会は10月11日、第33回ベストジーニスト2016発表会を東京・港区のステラボールで行った。全国からの一般投票による「一般選出部門」では、男性はKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんが、女性はモデルで女優の菜々緒さんが選ばれた他、同協議会が推薦・選出した「協議会選出部門」、さらに広く一般の人から選出された「一般新人部門」の受賞者が発表された。

菜々緒さん
菜々緒さん
ベストジーニスト菜々緒さん

ベストジーニストは、ジーンズを着る楽しさやジーンズ商品の持つ意味合いを多くの人に知ってもらおうと、ジーンズメーカーなど42社で組織される同協議会が1984年から毎年開催している恒例のイベント。

「一般選出部門」でははがきやウェブサイトから投票された総数12万1609票のうち、藤ヶ谷さんは5万2716票を、菜々緒さんは2万5831票を集めた。3年連続の受賞となった藤ヶ谷さんは木村拓哉さん、草彅剛さん、浜崎あゆみさん、亀梨和也さん、倖田來未さん、相葉雅紀さん、ローラさんに次ぐ8人目の「永久ベストジーニスト」として殿堂入りが決まった。

自分で選んだという濃紺のジーンズにチェックのシャツ姿で登場した藤ヶ谷さんは「自分が子どものころから見ていて、格好いい賞だな、いつか取りたいなと思っていた。皆さんの投票のおかげで憧れていた舞台に3度も立つことができ、夢に見ていた殿堂入りを果たすことができた。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

菜々緒さんは「モデルをやっている以上、何かファッションに関わる賞を頂きたいと思っていたので、この歴史あるベストジーニストという賞を取れて本当に感激している。私は今月が誕生日で、最高のプレゼントを頂いた」と満面の笑みで語った。

草刈正雄さん、押切もえさん、渡辺直美さん
(左から)草刈正雄さん、押切もえさん、渡辺直美さん

また、「協議会選出部門」では俳優の草刈正雄さん、モデルで作家の押切もえさん、お笑い芸人の渡辺直美さんが選ばれた。

草刈さんは「若いころから1年中いつもジーンズをはいていたから、この賞だけは絶対に頂きたかったが、どうして僕のところに来ないのかと残念に思っていた。やっと夢がかなった」と安堵の表情を浮かべた。

そして押切さんは「30代半ばでこの賞を頂けるとは思ってもいなかったから、うれしい気持ちでいっぱい。今まで数々の著名な方が受賞されているのを見ると、今、自分がここにいるのが信じられないくらい。物心ついたころからジーンズが身近にあったので、これからもジーンズが似合う女性でいられたらいいなと思う」と、渡辺さんも「おそらく今までに100キロ超えの受賞者は1人もいなかったのではないかと思うが、こんなすてきな賞を頂いて本当にうれしい。太っている人の中にはジーンズが似合わないと苦手に思っている人が多いが、私がベストジーニストを取ったことで時代は変わった。全国のポッチャリがざわついている」と、それぞれ受賞の喜びを語った。

長谷川侑紀さん、萩原菜穂さん
(左から)長谷川侑紀さん、萩原菜穂さん

なお、「一般新人部門」ではグランプリに長谷川侑紀さん、準グランプリに萩原菜穂さんが選ばれた他、物語の中で主要キャラクターがジーンズを着用して活躍し、ジーンズの需要喚起に多大な貢献があったとして人気アニメ「ONE PIECE」に「特別貢献賞」が授与された。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ