“シェアラジオ”特別番組「サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー」オンエア!

パソコンやスマホがラジオ受信機となるIPサイマルラジオ「ラジコ」を運営するradikoは、過去1週間に限りいつでも後から番組を無料で聴取できる「タイムフリー聴取機能」の実証実験を10月11日から開始する。

radikoタイムフリー


タイムフリー聴取機能は、日頃ラジオを楽しんでいるリスナーにとってはうっかり聴き逃してしまった、時間が合わずに聴けなかった番組を、ラジオになじみのないノンリスナーにとっては番組放送後にさまざまなメディアで話題になった番組を後から聴ける楽しみを提供する。番組の聴取可能時間は再生ボタンを押してから3時間で、その間は早送りや早戻し、一時停止などもできる。

また、民放連ラジオ委員会はお気に入りの番組をSNSを通じて共有できる「シェアラジオ」を新たなラジオ聴取文化として提唱。番組内で面白いトークやニュース、音楽など気に入った箇所があれば聴取画面にあるシェアボタンを押して、SNSやメールなどでその時点でのURLをシェアすることができる。

このシェアラジオの体験促進のため、シェアラジオ・民放ラジオ特別番組「サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー」を10月11日から17日まで全国のラジオ局で放送する。

宇多田ヒカルさん


約2年半前、宇多田ヒカルさんはレギュラーラジオ番組の最終回で「今後ラジオが、例えば番組が放送された後、一定期間ストリーミングでネットで聴けるとか(中略)そうゆうようなポジティブな変化が今後どんどん進んでいくといいなと思っています。ラジオと現代の生活スタイルとか、他のメディアをこう全部つなげるような変化があるといいな」とコメントした。今回の特別番組は「ポジティブに変化したラジオ」側からのアンサーでもある。


タイムフリー聴取機能 http://radiko.jp/rg/timefree/
シェアラジオ特設サイト(サントリー天然水 presents 「宇多田ヒカルのファントーム・アワー」の各局放送時間など詳細情報) http://shareradio.jp/

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ