大手町に「ポタジエ食堂」

ポタジエ(仏語・家庭菜園の意)の名を付けた食堂が11月12~14日、東京・大手町の三井物産「イーストカフェテリア」に“出店”した。

給食事業を展開するエームサービスが、企業や大学の食堂で社員や学生に、野菜だけを使ったオリジナルのランチメニューを提案するキャラバンの一環で行われたもの。食に関する企画・プロデュースを行う電通の関係会社アップテーブルと協働。メニューは野菜スイーツ専門店「パティスリー ポタジエ」のオーナーパティシエ・柿沢安耶さんが監修している。

「パティスリー ポタジエ」中目黒店

初日は柿沢シェフも来場、メーン料理「里芋とのりのコロッケ」は、カキフライと間違うほどの味と食感で、カウンターには長い列ができた。

エームサービスは、今後も同様のキャラバンを各所で実施、ポタジエ食堂を常設コーナーとして提案できる場所を模索する方針だ。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ