小さな美術館「かまぼこ板絵美術館」オープン

鈴廣かまぼこは9月22日、鈴廣かまぼこの里(神奈川県・小田原市)内のかまぼこ博物館2階に「かまぼこ板絵美術館」をオープンした。今回で16回を数える「かまぼこ板絵国際コンクール小さな美術展」歴代の入賞作品を展示している。

かまぼこ板絵美術館

この美術館は、かまぼこ板をキャンバスに絵を描く「かまぼこ板絵」という小さなアートを飾るミニチュアの美術館だ。「かまぼこ板絵」の前にはミニチュアの人形が置かれ、人が作品を眺めているようなシーンがつくり出されている。また同美術館建物の構造部分などにもかまぼこ板を使用している。

かまぼこ板絵美術館

第16回展には、子どもから大人まで5003点の作品応募があった。美術館以外でも「みんなの板絵ギャラリー」サイトで今までの応募作品を見ることができる。

かまぼこ板絵美術館

鑑賞中のミニチュアの人形は思い思いのポーズをとっている。人形になった気分で、このアートを楽しんでみるのも一興だ。捨ててしまえばごみになるかまぼこ板。アートの楽しさだけでなく、ものを大切にする心も一緒に感じてもらいたいと同社は考えている。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ