4社が2016年度ポーター賞を受賞

一橋大学大学院国際企業戦略研究科は10月26日、2016年度ポーター賞の受賞企業を決定した。同賞は、独自性のある優れた戦略を実践し、高い収益性を達成・維持している企業を表彰するもの。マイケル・E・ポーター教授の名に由来し、2001年に創設された。

ポーター賞ロゴ
       ポーター賞2016ロゴ

受賞企業の主な特徴は次の通り。(順不同)

■前田工繊(福井県坂井市、前田征利社長)インフラ事業
防災や減災、環境保全や循環型社会の実現に有用な土木資材の製造・販売事業を行う。鉄とコンクリートが中心であった土木資材に繊維を広めたパイオニアであり、幅広い品ぞろえと高い技術力による提案型営業と長期にわたるアフターサービスまで一貫して行う。

■丸井グループ カード事業(東京都中野区、青井浩社長)カード事業
小売りを支援するクレジットカード事業を行う。商品購入時にその場でクレジットカードを迅速に発行することで、提携先の小売業支援とカード利用者の利便性の両方を実現した。

オープンハウス(東京都千代田区、荒井正昭社長)戸建事業
都心を中心に戸建住宅の製造販売事業を行う。土地の取得から設計・販売まで内製化することで、初めて都心で戸建住宅を取得する層に低価格で提供、高い回転率を実現した。

■ピジョン(東京都中央区、山下茂社長)ベビーケア用品製造販売業
ベビーケア用品の製造販売事業を行う。乳児の哺乳活動の研究に基づき、国際的ニーズが均一な0から18カ月のベビー用品の製品開発で日本だけでなく中国でも高いシェアを実現した。

授賞式は12月1日に東京・千代田区の一橋講堂で開催する「競争力カンファレンス2016」で行う。本カンファレンスに先着100人を招待(入場料無料)。申し込みはこちらから。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ