UQ発表会

3姉妹が「UQモバイル、だぞっ」

UQコミュニケーションズは10月24日、港区のザ・プリンス パークタワー東京で2016秋冬の発表会を開催した。

冒頭、ステージに登壇した野坂章雄社長がプレゼンテーションを行った。

野坂社長は「当社は2009年にモバイルデータ通信事業を、2015年にはUQモバイルをスタートし、その後、格安料金プランの提供やiPhoneの取り扱い開始などを実施し、2年連続で『格安SIMアワード』通信速度部門の最優秀賞を受賞するまでになった」とこれまでの取り組みを紹介。社名のUQは「Universal Quality」の略であり、“Q”は「Quality」(高品質)に加え「Quantities」(大容量)、「Quickness」(高速)の意味を含んでいると解説し、秋冬の新商品・サービスについて説明した。

新商品は同社初のオリジナルモデル「AQUOS L」やフルHDモデル「HUAWEI P9 lite PREMIUM」、VRへッドセットを搭載した「IDOL 4」などを11~12月に発売。10月に発売開始した4機種と合わせ秋冬モデルとして計8機種を新たにラインアップし、、440Mbpsモバイルルーターも発表した。

新サービスでは新しい格安料金プランや、SNSの通知を音声で聞き、音声をテキストに変換してメッセージ送信ができる「APlay」を提供する。また、顧客との接点を増やすため、現在約420店の販売拠点を2016年度内に約1000店舗に拡大し、全47都道府県で展開するとした。さらに、同社の認知を上げるため、10月25日から新テレビCMを放送すると明かした。

会場には「家族設定、誕生」編で3姉妹を演じた女優の深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんが駆け付けた。

CMでは、3姉妹がソファーでくつろいでいると、どこからか楽曲「UFO」が流れてくる。するとオリジナルでは「UFO!」と歌うタイミングで、全員がカメラ目線で「UQ!」と声をそろえ、踊りながら“スマホが月額1980円から”をアピールする。キメのせりふは「UQモバイル、だぞっ」。これまでのCMでなじみのキャラクター、ピンクガチャ(母役)とブルームク(父役)も出演している。

3人は撮影のエピソードや、最近のマイブームを披露しながらも、CMのせりふ「だぞっ」が気になる様子。言い方によってさまざまな意味になるのが面白いと、「おなかがすいてるんだぞっ」「嫌いなんだぞっ」などと応用形を試しながら、「流行語大賞に選ばれないか?」と会話が盛り上がった。

撮影に立ち会った野坂社長は「長時間に及び大変だったが、3人のプロ意識の高さが印象的で、これでガチャとムクを合わせて、本当の5人家族ができたと思った」と感想を述べた。「だぞっ」の意味について、スマホでも自信をもって「UQは本気だぞっ」「UQモバイル、だぞっ」と力強く言えるようにとの願いを込めたと語った。

公式サイト:http://www.uqwimax.jp/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ