中国発★ 中国経済のバロメーター、CCTV、今年の公開入札額は?

 

 

中国の国営テレビ、中国中央電視台(CCTV)の2014年ゴールデンタイム広告枠の公開入札が、11月18日に行われた。今年は公開入札に先立って、個別にも入札を受け付けた。
CCTVは合計金額を公表していないが、グループM(WPP)によれば、公開入札総額は15億ドル。昨年は25億ドルだったが、個別入札が増えたため単純比較はできない。今年の公開入札と同様の条件で比較した場合には、前年比8~10%増と推計されるという。
最高入札額は、電子商取引大手の天猫(Tmall)がワールドカップ関連番組を落札した2300万ドルだった。業種別には食品・飲料、家電、自動車が多く、近年高額入札の常連だった白酒メーカーは、政府の倹約令の影響により存在感が薄れた。

詳細はAdAge→http://bit.ly/1dfIhxP
Chinese State TV Giant Sells $1.5B In Annual Ad Auction
But China's Luxury Liquor Brands, Usually Big Spenders, Keep a Low Profile Amid Government Crackdown on Extravagance
Published: November 19, 2013

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ