電通、米国の多文化対応型の総合広告会社「グラビティー・メディア社」の株式100%取得で合意

11月17日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


2016年11月17日

電通、米国の多文化対応型の総合広告会社「グラビティー・メディア社」の株式100%取得で合意

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、米国において多文化に対応した広告コミュニケーション・サービスを提供する総合広告会社「Gravity Media, LLC」(本社:ニューヨーク市、CEO:Yuriy Boykiv、以下「グラビティー・メディア社」)の親会社であるFindr Group(ファインダー・グループ)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

2009年にPR会社としてスタートしたファインダー・グループは、現在では3つの企業からなるグループへと成長しています。多文化・多言語のクリエーティブに対応する総合広告会社「Gravity Media」(グラビティー・メディア社)、総合デジタルエージェンシーの「Findr Interactive」(ファインダー・インタラクティブ社)、PRサービスを提供する「Triomphant Communications」(トリオンファント・コミュニケーションズ社)の3社です。

グラビティー・メディア社が基幹エージェンシーとしての役割を担い、専門性の高いデジタルとPRの領域を担う他の2社と連携することで、顧客企業に高品質なサービスを提供しています。

本件買収の背景には、米国における人口構成の変化とそれに伴う顧客企業ニーズの高まりがあります。具体的には、米国は多文化で成り立っており、米国国勢調査局の推計によると2030年には人口に占める多文化層の割合は更に増加し、4割に達すると見られています。そのため、顧客企業からはこれまで以上に、多様な文化背景を持つ生活者にきめ細かく対応したサービスの提供が求められています。

当社ではこうした状況を踏まえ、多文化向けの広告コミュニケーションに定評のあるグラビティー・メディア社を買収することにしました。

グラビティー・メディア社は、米国を代表する業界誌『Advertising Age』で2013、14、15年と3年連続で、アジア系アメリカ人向けのサービスで最大の売上を誇る企業と評価されています。また同社は20カ国以上の言語に対応できる人材をそろえています。

今後当社は、米国に展開するグループ各社とグラビティー・メディア社など3社との連携を図っていくことで、米国における成長戦略を加速させていきます。

なお、本件が当社の2016年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。

【グラビティー・メディア社の概要】

社名:Gravity Media, LLC 
親会社のファインダー・グループは、Gravity Media、Findr Interactive、Triomphant Communicationsの3社で構成されている
本社所在地:米国・ニューヨーク市
ロンドン市にも営業拠点を構える
設立:2009年5月
株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue):700万ドル(約7.6億円)(2015年12月期)
代表者:Yuriy Boykiv(創業者兼CEO)
従業員数:33名
事業内容:多文化に対応した広告コミュニケーション・サービスを提供

以上


電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/1117-009079.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ