人気店の“まかない飯”が500円で食べられる「an まかないフェス」に6万4千人が舌鼓

今話題の飲食店の“まかない飯”がワンコインで食べられる野外グルメイベント、「an まかないフェス」(主催=インテリジェンス)が、11月10~13日の4日間、東京・中野セントラルパークで開催された。

「an まかないフェス」オープニングイベント

「an まかないフェス」には「あの人気店のまかない飯を食べ尽くせ!」を合言葉に、今話題の人気店が多数出店。名古屋から東京に今年初進出して連日大行列を作る「郭 政良 味仙」、半年先まで予約が取れない大人気の肉料理店「肉山」、創作フレンチとして名高い「オー・ギャマン・ド・トキオ」、原宿で連日の大行列を作る「Eggs 'n Things」、今話題のオーガニックレストラン「BIODYNAMIE」など、15店舗の人気店が集結。それぞれの店が自慢の“まかない飯”をワンコイン(税込み500円)で振る舞った。

イベントのオープニングセレモニーには、独特な食レポでおなじみのDJ KOOさんが登場。人気ブロガーの桃さんから「Eggs 'n Things」のロコモコパンケーキバーガーを、人気読者モデルの田中里奈さんから「郭 政良 味仙」の味仙まかない丼を、それぞれ「あ~ん」で食べさせてもらったDJ KOOさんは「おいしさがBOY MEETS GIRL!」とDJ風の食レポで会場を沸かせた。

DJKOO氏がまかない飯をあーん

今回の「an まかないフェス」はアルバイト求人情報サービス「an」が主催。近年、アルバイトの有効求人倍率は年々上昇しており、特に飲食業界のアルバイト有効求人倍率は高い。全職種平均を1とすると、飲食物調理の職業(キッチン)は2.25倍、接客・給仕の職業(ホール)は3.41倍と、どちらの職種も採用難が続いている。(出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」<2016年9月現在>)

飲食業のアルバイトは「時給・エリア・シフト」の3点で選ばれることが多い。そういった画一的なアルバイトの選び方を打破し、飲食店の個性を感じられる“まかない飯”でアルバイトを選ぶ新しいスタイルを世の中に提案したい、そんな思いから「an まかないフェス」が開催された。

今回、食べ歩きの達人たちが集まるグルメユニット「食べあるキング」のメンバーが、出店店舗をセレクト&プロデュースした。「飲食店はどこも採用難を肌で感じていて、今回のイベントにたくさんの店に賛同いただいた。おいしい“まかない飯”を出す店だけを集めることができた。」とメンバーは太鼓判。普段は野外グルメイベントに出店しない人気店も多数出店し、店舗によっては2時間待ちとなるほど連日大盛況となった。

4日間を通じて大盛況だった「an まかないフェス」、来場者は4日間で約6万4千人となった。主催社のインテリジェンス宣伝グループマネージャーの森久朋氏は、「今回は初の試みとなったが、店舗の方々にもイベントの趣旨に共感していただき、開催にこぎつけることができた。“まかない飯”を通じて飲食業界で働くことの楽しさやおいしさを多くの人に知ってもらうことで、“まかないがおいしいからアルバイトを選ぶ”という新しいスタイルを提案できたと思う。これからも、アルバイト求人情報サービスの使命として、店舗と一緒に飲食業界を盛り上げていきたい」とコメントした。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ