トヨタ「WHAT WOWS YOU.」 

新年にテレビCM5編を放送

トヨタ自動車は2017年の年始(1~3日)に、「WHAT WOWS YOU.」(この世界のすべての心にWOWをつくろう。)プロジェクトのメッセージを伝える新テレビCM5編を放送した。

同社は、2020年がその先の素晴らしい未来への起点になることを目指し企業活動を行い、、そのビジョンを基にした同プロジェクトを2016年に開始した。プロジェクトでは、不屈の精神や挑戦を通じて感動を与える「スポーツ」や、思いやる気持ちを大切にする「社会(安全安心)」、あらゆる人にドライブする喜びをもたらす「技術」の3分野について展開。

2017年は東北を日本のエンジンに、というメッセージの下「震災復興」もテーマに加え、楽曲「BEAUTIFUL NAME」を使ってさまざまな活動を実施する。

 

「WOW BEAUTIFUL NAME イチロー」編では、イチロー選手がカメラをまっすぐに見つめながら同曲の歌詞を朗読する。イチロー選手のまなざしと言葉を通じて、人の心を動かす企業を目指す同社の姿勢を伝える。

 

「WOW MESSAGE 一ノ瀬メイ」編と「同 河合純一」編では、パラリンピアンの2人が飾らない言葉で自身の障害について語る。一ノ瀬さんは障害を個性ととらえていることを、河合さんは自動運転技術の進歩で自由に移動できる時代が近づいたことの喜びを伝える。

 

「同 交通安全」編では、長年にわたり地域の子どもたちの安全を見守り続ける交通指導員が、仕事のやりがいや交通事故撲滅への思いを語る。

 

「同 東北青年たち」編では、宮城県のトヨタ自動車東日本が開設した企業内訓練校「トヨタ東日本学園」でクルマ作りを学んだ卒業生の若者たちが登場。技術習得への情熱や復興への思い、故郷で働く喜びを笑顔で語る。

5編のCMは、元日の「ニューイヤー駅伝」と、2~3日の「第93回 東京箱根間往復大学駅伝競走」の中継番組内で放送され、アスリートがひたむきに走る姿とともに新年の“WOW”を届けた。

CMはプロジェクトサイト(http://toyota.jp/wows/)で視聴できる。


関連記事:オリンピック・パラリンピック選手は 「イチローが嫌いだ」[2016.08.08]

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ