民放ラジオ全100局が学校を訪問し、ラジオの魅力をアピール~12月1日から専用サイトで訪問校を募集

日本民間放送連盟のラジオ委員会は11月28日、「ラジオ再価値化プロジェクト」の一環として、民放ラジオ統一キャンペーン「ラジオがやってくる!」を実施すると発表した。民間ラジオ全100局の番組関係者が、全国の小学校・中学校、高校、専門学校、大学を訪問し、番組パーソナリティーによる校内放送やディレクターによるラジオ番組の作り方講座、人気番組の公開収録などを行うもの。学校訪問の様子は、来年3月3日の「民放ラジオの日」を中心に各ラジオ局で放送する。

訪問に先立ち、全国のラジオ局では12月1日から放送を通じて訪問校を募集。専用サイト(come-radio.jp/)で受け付けを行う(12月31日まで)。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ