「コカ・コーラ 表参道イルミネーション2013~ハッピーをあげよう~」が点灯

日本コカ・コーラは 11月28日、「コカ・コーラ 表参道イルミネーション2013 ~ハッピーをあげよう~ 」点灯式 PRイベントを東京・表参道の日本看護協会前で開催した。

同社は11月4日から、「ハッピーをあげよう。」をテーマにウィンターキャンペーンを展開している。クリスマスを控え、ギフトを「もらう」ことが多くなる季節に、「あげる」ことの喜びを伝えていくというもので、今回はその活動の一環として、11月28日から来年1月5日まで実施される「表参道イルミネーション」とタイアップした。表参道の冬のイルミネーションは2年ぶりの点灯となる。

点灯式では、コカ・コーラのウィンターキャンペーンのマスコット「ポーラーベア」がゲストとして登場。渋谷区の桑原敏武区長や、主催である商店街振興組合原宿表参道欅会の松井誠一理事長らと共にスイッチを押すと、ケヤキ並木に設置された50万球のLED電球が一斉に点灯し、街行く人々からは歓声が上がった。桑原区長は「商店街は元気があって、常に新しいことを情報発信していかなければいけない。それにはイルミネーションが一番。今日からまた街が新しく、さらに輝くことを祈っている」と語った。

表参道沿いの街路樹には、夜空の月を眺めるポーラーベアをデザインしたフラッグや、冬の「あげるよろこび」をシルエットで表現した30本の円柱形あんどん広告が掲出されている。また、原宿・表参道の公式ガイドブック『ナビゲーター』では、コカ・コーラや、コカ・コーラを使用したさまざまなカクテルを提供する店舗を紹介。さらに、ケヤキ並木に面した東急プラザ表参道原宿3階「おもはらテラス」を「Happy Lounge by Coca-Cola」とし、12月25日までの期間限定で開設している。

詳細はキャンペーンサイト(www.omotesando-illuminations.com)に掲載している。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ