電通、米国の有力デジタルパフォーマンスマーケティング会社「リープフロッグ社」の株式100%取得で合意

04月04日に配信された電通ニュースリリース文面は以下の通りです。


2017年04月04日

電通、米国の有力デジタルパフォーマンスマーケティング会社「リープフロッグ社」の株式100%取得で合意

 

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、米国の有力デジタルパフォーマンスマーケティング会社「Leapfrog Direct Response LLC」(本社:イリノイ州・エバンストン市、CEO:David Husain、以下「リープフロッグ社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

1995年に設立されたリープフロッグ社は、顧客コンバージョンや顧客体験(UX)に関わるテクノロジーの開発に強みを持ち、米国の独立系では最大のパフォーマンスマーケティング会社の一つとなっています。

同社独自のプラットフォーム「LFX Conversion Platform」は、コンバージョンの最適化を目的に、マルチチャネル上にあるデータや顧客が接するオンライン/オフライン上のさまざまなコンタクトポイント(実店舗、ECサイト、ソーシャルメディアなど)を連結させ、顧客によるブランド体験を高めて、より効率的なマーケットインテリジェンスを生み出します。現在リープフロッグ社の従業員数は150名で、そのうち約6割がソフトウェアエンジニアやデータサイエンティストなどの専門スタッフとなっています。

株式取得後、当社はリープフロッグ社を当社グループのグローバルネットワーク・ブランド の1つでデジタル・パフォーマンス領域に強みを持つiProspect(アイプロスペクト)の米国拠点に組み込みます。これにより、iProspectは競争力の強化と顧客サービスの向上を図り、成長著しい米国デジタル市場での成長戦略を加速させていきます。

なお、本件が当社の2017年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Brand Agencies)、Dentsu media、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

 

【リープフロッグ社の概要】

社名:Leapfrog Direct Response LLC
本社所在地:米国イリノイ州・エバンストン市
設立:1995年4月
株主構成:買収手続き完了後 電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue): 3,200万アメリカドル(約35億円)(2016年12月期)
代表者:
 David Husain(CEO & Co-Founder)
 Scott Epskamp (President & Co-Founder)
 Jason Wadler(Executive Vice President)
従業員数:150名
事業内容:デジタルパフォーマンスマーケティングサービスを提供

以上


電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0404-009218.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ