D2CとCCIが、2016年のインターネット広告市場規模推計調査を発表

D2Cとサイバー・コミュニケーションズ(CCI)は共同で、2016年1 ~12 月のインターネット広告市場における「デバイス別の広告費」「ビデオ(動画)広告費」「広告種別の広告費」の調査を実施した。
メディア(媒体社)を対象とした調査に加え、電通が17年2月に発表した 「2016年日本の広告費」を元に調査結果を集計した。

インターネット広告媒体費の6割がスマートフォン広告費

16年のインターネット広告媒体費は1兆378億円(電通「2016年 日本の広告費」より)。そのうちスマートフォン広告費は6476億円、PC広告費は3902億円で、2015年と比較するとスマートフォン広告費が前年比130%、PC広告費が前年比93%となった。
2017年も引き続きスマートフォン広告費が高い成長率を示すと考えられる。

スマートフォン広告費とPC広告費の市場規模推移
スマートフォン広告費とPC広告費の市場規模推移

動画広告費は前年比168%の急成長

近年急速に成長していると考えられる、ビデオ(動画)広告。2016年のビデオ広告費は、前年比168%の869億円で、インターネット広告媒体費全体の8.4%となった。2017年も高い成長率が見込まれ、1224億円となると予測される。

ビデオ(動画)広告費の市場規模推計・予測
ビデオ(動画)広告費の市場規模推計・予測

広告種別ではスマートフォン運用型広告費が全体の48%を占める

広告種別では、インターネット広告媒体費の71%に当たる7383億円が「運用型広告費」(電通「2016年 日本の広告費」より)で、以下「予約型広告費」が1538億円(同15%)、「成果報酬型広告費」が1457億円(同14%)となった。運用型広告費では、スマートフォン広告(5,020 億円)がPC広告(2,363億円)を上回っており、全体でもっとも高い比率(48%)となった。

その他、詳しくはD2Cのリリースをご参照ください。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ