「よりよく生きる」プランニング #08

「危機消費」K部長、「体質不安消費」T美、「モテ消費」M斗のオフィストーク

  • 11
    小幡 道子
    株式会社電通 マーケティングソリューション局

前回に引き続き、ウェルネス的商品の買われ方劇場、もうひと組いってみたいと思います。今回は、共感する人の一番多そうな「危機消費」、男女で差が大きい「体質不安消費」、数は少ないけれど増えそうな「モテ消費」の3パターンをご紹介いたします。

K部長(既婚・子あり)は、ある企業に勤める40代の男性。デスクを訪ねてきたアルバイトのM斗(20代男性・1人暮らし)と仕事の進め方について話をしていたところ、同じ部の女子社員・T美(30代・未婚)がなにやらつぶやき出しました。
 

《残暑の鋭い日差しが差し込む9月のオフィス、書類が積まれた机の谷間で》

T美:寒いっ…! なんかここ寒い! クーラーの風、強すぎ!
(「体質不安」特徴:冷え性が悩み)

K部長:大丈夫? これ以上温度上げるとみんな暑がるし…君の冷え性は重症だなぁ。

T美:そうですねぇ、冷え性に良いってウワサのあのお茶、やっぱり買ってみようかしら…。
でも、冷えはみんなの大敵ですよ? 部長が気にされてるお腹のお肉にも関係あるかも。
(「体質不安」特徴:冷え症に良い、など体質に合ったうたい文句を見るとつい手が伸びる 31.2%)

K部長:えっ、そうなの? 冷えると太るの?
(「危機」特徴:体脂肪・中性脂肪が悩み)

T美:代謝が悪くなりそうな気がします…私も太りやすいし。
そういえば、M斗くんは全然太らないね? 飲み会も多そうなのに。なんか秘訣とかあるの?
(「体質不安」特徴:基礎代謝が低いのが悩み)

M斗:意外にちゃんと気を付けてますからねー。やせてる方がモテるんですよ俺。
でも、部長も結構ハードにダイエットしてますよね?
(「モテ」特徴:ダイエットしているのは、モテるためだ 21.5%)

K部長:いやーほら、やってたんだけどね、健康診断終わっちゃったからさ…。
(「危機」特徴:健康診断が終わると元の生活に戻ってしまう 19.8%)

M斗:また一緒にやりましょうよ。ヘルシーつまみが売りの神居酒屋見つけたんで、今度行きませんか?女性が多いですけど、意識が高いミドルもかっこいいと思うんですよね。
(「モテ」特徴:健康や美容を意識した食材・料理にこだわる店や人はオシャレだと思う 25.2%)

K部長:意識ねぇ。普段は気にしないからなぁ。健診で「生活習慣病に注意」と言われた時はさすがに気になったけど。
(「危機」特徴:健康を意識するのは、健康診断で生活習慣病の兆候を指摘されたとき 25.7%)

T美:最近の男の子は意識高すぎですよね。M斗くん、サプリも飲んでるんでしょ? 部長、このままだとサプリも勧められますよー。
(「モテ」特徴:サプリメントなどの栄養補助食品を積極的に摂りたい 52.0%)

K部長:僕はトクホを続けるだけで精一杯だよ。居酒屋は今度な。さっ、仕事に戻ろうか。
(「危機」特徴:最近トクホのお茶を買った 27.7%)

T美:あーやっぱり寒いしだるいなぁ。今日は残業しないで、ヨガして薬膳鍋でも食べて帰るかな。
(「体質不安」特徴:不調を感じた時は、食事や運動などで改善を試みる方だ 35.5%)

いかがでしょうか? 「危機消費」「体質不安消費」「モテ消費」のイメージは浮かびましたか?

調査でも「周りの人と健康に関する話をすることが多い」というスコアが2012年に跳ね上がりましたが、このような健康にまつわる会話は皆さんのオフィスでも、ちょこちょこ繰り広げられているのではないでしょうか。

ここで、そんな雑談に使える小ネタです。ついに、夏季オリンピック・パラリンピックの東京開催が決定しました。これを機に、何か運動を始めようと思った方もいるはず。
そして、せっかく取り組むのなら成果を残しておきたいですよね。そんなあなたにお役立ちなのが、スマートトラッカーなどと呼ばれる活動量計です。この市場、最近とても活性化してきていて、リストバンド型で見た目がおしゃれなものや、運動量だけでなく睡眠状態まで記録できる優れものも出てきています。データはアプリやサイトなどで管理でき、グラフ化されるなど視覚的にも楽しめます。程よい運動は心地良いものですので、形からでもなんでも始めてしまえば、意外とクセになるかもしれません。

プロフィール

  • 11
    小幡 道子
    株式会社電通 マーケティングソリューション局

    電通チームウェルネスの戦略プランナー。オリジナル調査や有識者ネットワークなどから収集・分析した情報と知見を用いて、食品、飲料、医薬品、化粧品、トイレタリーなどの幅広いカテゴリーでヘルスケアのトレンドや生活者インサイト視点を盛り込んだ商品開発サポート、販促戦略コンサル、コミュニケーション開発などを行う。

バックナンバー

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ