兼高かおる氏も最終選考に

「Team EUROPE メディア・デイ 2013」

日本旅行業協会(JATA)のヨーロッパ観光促進協議会(チームヨーロッパ)は11月28日、ヨーロッパを扱ったテレビ番組やウェブ、雑誌、新聞記事などを対象とする「メディア・デイ2013」を東京・青山ダイヤモンドホールで実施した。日本人のヨーロッパ観光への意欲を盛り上げることに貢献した媒体を表彰するもの。チームヨーロッパには、ヨーロッパ関連の旅行代理店や航空会社、各国の政府観光局など、37企業・団体が協賛している。

冒頭、JATAの田川博己副会長(JTB社長)は「来年は海外旅行の渡航自由化50周年を迎え、ヨーロッパへの関心をさらに高めていきたい」とあいさつ。日本旅行作家協会名誉会長で最終選考委員長を務めた兼高かおる氏は「これからも良いツアーをつくるとともに、海外の情報を発信してほしい」と語った。

田川副会長(JCB社長)があいさつ
「海外旅行でお互いの習慣を知ることは重要だ」と兼高氏

 

テレビ部門の表彰

 

表彰式では媒体別に5部門の優秀賞が発表・贈賞された。雑誌部門は『クレア・トラベラー』が「優雅なる英国へ。湖水地方、北イングランド、ロンドン」、新 聞部門は河北新報が「アルプス快晴 スイス・ヴァレー州を訪ねて」、ウェブ部門は地球の歩き方(ブログ)が「007スコットランドコネクション ボンド流スコットランドの過ごし方」、フリーペーパー・会員誌部門はピー・エス・エス・ジーがフリーマガジン『イタリア好き』、テレビ部門はBS日テレが 番組「和の音色 世界遺産"ドゥブロヴニク"に響く!」で受賞した。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ