久米宏さんがアンカーマン

「BS民放5局共同特別編成キャンペーン」

BS民放5局は「テレビの底力はBSにある」をスローガンに、年末年始恒例となった「共特別編成キャンペーン」を実施。12月29日~1月3日、大みそかを除く5夜連続で新作「久米宏の『ニッポン百年物語』」を放送する。「食」「医学」「流行歌」「鉄道」「家族」それぞれの100年を振り返り、未来を考える内容で、リリー・フランキー、五木寛之、秋元康、山田洋次、糸井重里ら各氏が出演する。久米さんは5番組全てで、ゲストと熱いトークを繰り広げる。

 ~食の100年~「おいしいは力だった」   ~流行歌の100年~「未来に残すべきニッポンの歌」   ~家族の100年~「人生相談にみる日本人」
 ~食の100年~
「おいしいは力だった」
 
~流行歌の100年~
「未来に残すべきニッポンの歌」
 
~家族の100年~
「人生相談にみる日本人」
 

12月9日、東京・中央区の時事通信ホールで番組制作発表会が行われ、久米さんは「100年という時間が長いのか短いのか考えさせられた」と感想を述べ「年末年始は、ゆったりと見られるBSをぜひご覧ください」とアピールした。また100年後のニッポンへ向けたメッセージを求められると「100年後に同じ企画を! どなたか実現してください!」とボードに記した。BS民放5局は同新作以外にも過去に放送した番組と合わせて、年末年始合計110時間以上の特別編成を行う。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ