キャンペーン・アジアパシフィック誌が選ぶ2013年のエージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞で、電通グループがデジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞1個、金賞7個、銀賞6個、銅賞8個を受賞

電通グループは、アジア太平洋地域を代表する『キャンペーン・アジアパシフィック誌』(Campaign Asia-Pacific)※ が選ぶ「2013年のエージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞」のエージェンシー部門において、デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞1個、金賞7個、銀賞6個、銅賞8個を受賞した。またピープル部門でも2名が表彰された。

エージェンシー部門の詳細は以下のとおり。

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞

・グレイター・チャイナ デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 アイソバー(Isobar)

金賞

・オーストラリア デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 アイソバー・オーストラリア (Isobar Australia)

・中国 デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 アイソバー・チャイナグループ(Isobar China Group)

・台湾 メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 カラ・台湾(Carat Taiwan)

・台湾 デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 アイソバー・台湾(Isobar Taiwan)

・日本 デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 アイソバー・ジャパン (Isobar Japan)

・韓国 メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 カラ・コリア(Carat Korea)

・韓国 デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 アイソバー・コリア (Isobar Korea)

銀賞

・韓国 メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 電通メディア韓国(Dentsu Media Korea)

・インドネシア メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 電通メディア・グループ・インドネシア (Dentsu Media Group Indonesia)

・マレーシア メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 ビジウム・マレーシア (Vizeum Malaysia)

・シンガポール デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 アイソバー・シンガポール (Isobar Singapore)

・タイ デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 アイソバー・タイランド (Isobar Thailand)

・ベトナム メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 電通メディア・ベトナム (Dentsu Media Vietnam)

銅賞

・中国 メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 カラ・チャイナ(Carat China)

・香港・マカオ メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 電通メディア香港(Dentsu Media Hong Kong)

・マレーシア メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 カラ・マレーシア (Carat Malaysia)

・マレーシア デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 アイソバー・マレーシア (Isobar Malaysia)

・タイ メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 カラ・タイランド (Carat Thailand)

・東南アジア スペシャリスト・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 アイプロスペクト・シンガポール (iProspect Singapore)

・インド クリエーティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 タプルート・インディア(Taproot India)

・インド メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
 カラ・インディア(Carat India)

 

また、ピープル部門の詳細は以下のとおり。

・グレイター・チャイナ エージェンシー・ヘッド・オブ・ザ・イヤー
 カラ・チャイナ(Carat China)のCEO Adil Zaim

・南アジア クリエーティブ・オブ・ザ・イヤー
 タプルート・インディア(Taproot India)のチーフ・クリエーティブ・オフィサー Santosh Padhi

以 上

※『キャンペーン・アジアパシフィック誌』は、広告、メディア、ダイレクト、デジタル、マーケティング業界の最新動向を紹介する英国『キャンペーン誌』(Campaign)のアジア太平洋地域版。前身は1970年代初頭に創刊された『メディア誌』、2000年に英国『キャンペーン誌』の傘下に入った。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ