年賀状はお早目に!

日本郵便(JP)は12月15日、「2014年用年賀状 引受開始セレモニー」を、東京・千代田区のJPタワーで開催した。冒頭、髙橋亨社長は「年賀状対応のため、今年も特別態勢を取っている。特設サイト『郵便年賀.jp』も利用してもらい、早めの投函をお願いする」とあいさつした。ステージには年賀イメージキャラクターでタレントの篠田麻里子さんと、Jリーグ・セレッソ大阪の柿谷曜一朗選手が着物姿で登壇、髙橋社長と共に特製ポストの除幕を行った。ポストは世界文化遺産に登録された富士山をモチーフにしたもので、二人は初めて友達に年賀状を出す小学1年生と一緒に投函した。直後にポストの中から「確かに受け取ったぜぇ~」と芸人のスギちゃんが現れ、会場を驚かせた。

スギちゃんは、スマートフォン上で年賀状のデザインから、投函まで可能な無料アプリ「はがきデザインキット 2014」を使って、篠田さん宛ての年賀状作成に挑戦。同キットでは住所不明の相手にも、iPhoneは携帯電話番号とメールアドレス、アンドロイド端末ではツイッターとミクシィのIDにより、実際に年賀状そのものを送ることができる。キットを体験済みの篠田さんと柿谷選手はその手軽さと楽しさを語り、スギちゃんは「年賀状は12月25日をスギちゃんわないようにだぜぇ」と投函を訴えた。

はがきデザインキット 2014 サイト:yubin-nenga.jp/design_kit/

関連記事:dentsu-ho.com/articles/341

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ