「綾瀬はるか×LUMIX GM Gallery」開催

パナソニックは11月から、新デジタルミラーレス一眼カメラ「GM」のキャンペーンを展開している。11月21~24日、イメージキャラクターの綾瀬はるかさんを撮り下ろした写真展「綾瀬はるか×LUMIX GM Gallery」を、東京・渋谷区の表参道ヒルズ内スペース オーで開催した。20日に行われたオープニングプレスイベントでコンシューマーマーケティング ジャパン本部の原昭一郎本部長は「21日発売のGMは一眼カメラとして世界最小ボディーながら、高画質性能やデザイン性を備えている。コンセプトは、『The Art of LUMIX』。アートのような美しい写真を撮ってもらいたい」と話した。AVCネットワークス社DSC事業部の北尾一朗事業部長は「シャッターなど一から開発した。レンズ交換を可能にし、Wi-Fiも装備、機能性にもこだわった。今後は、若手写真家の展覧会などを通じ写真文化の発展にも貢献していきたい」と述べた。

続いて綾瀬さんが登場し、本人が出演したCM5作品とCMで明かされていないシーンで構成したショートフィルムが上映された。綾瀬さんは「会津の素晴らしい風景の中で撮影した。本当に美しい映像に仕上がって驚いている。周りにいる人たちの一瞬一瞬の喜びや悲しみ、日常の自然な一部分を切り取るような写真を撮ってみたい」と語った。

 

現在は、場所をグランフロント大阪内「パナソニックセンター大阪」に場所を移して、写真展を展開している。(1月21日まで予定)

CMは、11月29日から関東・関西・名古屋地区を中心にオンエア。同日のテレビ朝日系列「ミュージックステーション3時間スペシャル」では60秒のスペシャルCMが放送された。今回のCMは、機能やスペックなどの説明を一切入れず、LUMIXのロゴ以外はパナソニックのロゴも出てこない仕上げで、パナソニックでは初めてのアプローチとなった。

また、12月2~16日には、山手線1編成(全11車両)をジャックし、写真展と同様に綾瀬さんを撮影した写真600枚をギャラリー風に掲出。スペシャルCMも車内で上映し、乗客にLUMIX GMの世界観を訴求した。

綾瀬さんの写真、CMやショートフィルム、車両ジャックの様子はLUMIX GMサイトで見る事ができる。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ