速報!CES現地レポート! #01

世界最大規模の家電ショー。

とにかくInternet of Things!

  • 97 mori l2
    森 直樹
    株式会社電通 CDC 部長 事業開発ディレクター、クリエーティブ・ディレクター

毎年1月に米国ラスベガスで開催される、CES 2014(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)を現地よりレポートいたします。

CESは、北米を中心に国内外の家電メーカーをはじめ、モバイル、IT、医療、自動車、そして多くのスタートアップ企業が参加する世界最大規模のトレーディングショーです。ですから、多くのメディアでCESの様子は報道されており、既に皆さんもニュースを目にしているのではないでしょうか?

そこで、ウェブ電通報でお送りするこのレポートでは4Kテレビなどの最新映像商品や、最新のスマートフォンやタブレットPCなどの紹介は他のメディアにしていただいて、筆者独自の視点でCESの最新トレンドをお届けするとともに、コミュニケーションへの影響について考察したいと思います。

展示の主役はテレビ

CESでは、国内外の家電メーカー(特に日本と韓国)が競って最新のテレビや、新しいテレビの価値について発信をしています。筆者がCESに参加を始めた4年前は、ちょうどスマートテレビ元年といってよい年で、ネット接続したテレビでストリーミングによる動画コンテンツを楽しむだけでなく、各社がゲームや買い物、SkypeやFacebook、Twitterでのコミュニケーションを楽しむ未来を提示していました。しかし、今年の各社が最も訴求しているのは「4K」「Ultra HD」など画質メインへの原点回帰でした。後はテレビの画面が曲がったりもするのですが、このへんはぜひとも多くのメディアで報道されていることと思いますので、そちらをどうぞ。

注目のキーワードはIoTとウェアラブル

IoTとは、Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」とよく訳されています。パソコンや携帯電話以外に、家電、自動車、時計、体重計・・・様々な「モノ」がインターネットに接続される世界です。4年前、私が初めて参加したCESではネットに接続したテレビ「スマートテレビ」や「コネクテッドテレビ」が発表され大きく注目を集めていました。それから4年、CESでは様々な「モノ」がスマートフォンと連携し、家庭内無線LANと接続され、ネットと接続することによって新しい価値を提供しています。

そして、もうひとつのキーワードがウェアラブル。Nike+ FuelBandが発売された2012年がウェアラブル元年と筆者は考えているのですが、今年のCESは多くの企業がウェアラブルデバイスや、スマートウォッチを発表しています。実は、この流れもIoTの一部であるのですが、スマートフォン接続を前提とした様々な身に着ける「モノ」の普及・発展を今年のCESは示唆しています。

自動車メーカーが、ウェアラブル機器向けのソフトウェアを発表。スマートウォッチや、ウェアラブル端末向けの専用ソフトウェアも公開された。
 

インテルのキーノートでは、SDカードサイズのコンピューター「Edison」を発表。通信機能を備え、様々な「モノ」がネットに接続される可能性を提示。
 

これがEdisonチップ
 

Edisonを使った赤ちゃん用端末を紹介。赤ちゃんの体温などを随時モニタリングする。モニタリング結果は、Edisonがマグカップに通信をして、マグカップの映像が教えてくれる。
 

モバイル用プロセッサ最大手クアルコムが発表したスマートウォッチや
 

チャットで操作をする冷蔵庫なども紹介された。

プロフィール

  • 97 mori l2
    森 直樹
    株式会社電通 CDC 部長 事業開発ディレクター、クリエーティブ・ディレクター

    光学機器のマーケティング、市場調査会社、ネット系ベンチャーなど経て2009年電通入社。デジタル&テクノロジーを活用したソリューション開発に従事し、AR(拡張現実)アプリ「SCAN IT!」、イベントとデジタルを融合する「Social_Box」、「SOCIAL_ MARATHON」をプロデュース。さらにデジタル&テクノロジーによる事業およびイノベーション支援を手がける。最近は、経営や事業戦略に基づくUI・UXデザインや、ネット事業モデルによる事業革新の支援プロジェクトに取り組む。
    日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会の幹事(モバイル委員長)。著書に「モバイルシフト」(アスキー・メディアワークス、共著)など。ADFEST (INTERACTIVE Silver他)、Spikes Asia (PR グランプリ)、グッドデザイン賞など受賞。ad:tech Tokyo 公式スピーカー他、講演多数。

バックナンバー

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ