US発★ バイラル動画年間ランキング

アドエージ誌が2013年のバイラル動画年間視聴回数ランキングを発表し、首位の「バイラル・キャンペーン・オブ・ザ・イヤー」にユニリーバ・ダヴの「Real Beauty Sketches」=写真左=が輝いた。再生数は約1億3500万回。同動画は、本人の自己描写と他人による描写を基にした似顔絵を対比させ、「あなたは自分が思うよりもずっと美しい」というメッセージで、世界の女性たちにエールを送った。

2位はグーグルが提供するウェブブラウザー「グーグル・クローム」のキャンペーン動画シリーズ「Chrome:For…」(こんな時にはクローム)。「食材の買い物途中で料理の材料が分からなくなった」など、同ブラウザが役立つ場面を16秒ほどの短い動画で多数紹介している。再生数は約9500万回。
3位はトルコ航空の「The Selfie Shootout」(自分撮り)で、再生数は約9300万回。サッカーのリオネル・メッシ選手とNBAのコービー・ブライアント選手が、スポーツ以外のことでライバル心を燃やすシリーズの2作目だ。昨年はトルコ航空が就航する国々を両選手が競い合って訪問し、“自分撮り”した写真を相手に自慢するという内容。

日系の作品では、東芝がインテルと共同で展開するソーシャルフィルムの第3弾「The Power Inside」が6位に入った。第1弾の「The Inside Experience」はミステリー、第2弾「The Beauty Inside」はラブストーリーだったが、今回はSFコメディー。人間の口元に取りつく口ひげ型エイリアンに侵略された地球を救うため、1人の青年が「自分の内に秘められた力」を目覚めさせるというストーリーだ。前作同様、フェイスブックを使って視聴者から出演者を募った。

上位10作品にはこの他に、ボルボトラックの「Live Test」(衝突テスト)、エビアンの「Baby & Me」、サムスンの「Magna Carta Holy Grail」、米プロバスケットボールチームのマイアミヒートによる「Harlem Shake Miami HEAT Edition」(マイアミ・ヒート版ハーレムシェイク)、栄養ドリンクの5アワーエナジー「5-Hour ENERGY Helps Amazing People」(5アワーエナジーが素晴らしい人々をサポート)、英慈善団体コミックリリーフの「Red Nose Day 2013」が入った。

同ランキングは、アドエージ誌が動画視聴分析のビジブルメジャーズと提携し毎週発表している「バイラル・ビデオ・チャート」を基に算出したもの。ビジブルメジャーズは独自のデータベースを使用し、何百もの動画共有サイトをモニター、1日当たり5億本もの動画を追跡している。

詳細はAdAge(上位10作品の動画が視聴できます)→ http://bit.ly/1gzoF8F
Unilever's 'Dove Real Beauty Sketches' is the Viral Campaign of the Year
Soap Campaign Tapped Into Perceptions of Women's Self-Image

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ