「DENTSU DESIGN TALK」シリーズ、ミニッツブックで発売 #01

電子書籍ミニッツブック 

田村大×白土謙二

『広告会社からのイノベーションって?』①②発売

  • Tamura
    田村 大
    株式会社リ・パブリック 共同代表
  • Shiratsuchi kenji pr 2
    白土 謙二
    思考家、元電通執行役員

第一線で活躍するクリエーターや知識人、経営者をゲストに招いて電通クリエーターとのトークセッションをまとめた「DENTSU DESIGN TALK」シリーズが、株式会社ブックウォーカーのコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】から刊行されました。

カドカワ・ミニッツブック公式サイト: http://minutesbook.jp

「DENTSU DESIGN TALK」は、電通の人材育成セミナーとしてスタートし、2013年10月に100回を迎えました。

映画監督、写真家、メディアアーティスト、大学教授、建築家、アートディレクター、脳科学者、経営者など、世の中の第一線で活躍する人々をゲストに招き、電通のクリエイターとのトークセッションを行なう――常識も非常識も問い直す――と銘打って行われたものです。  

シリーズ第一弾は、博報堂のイノベーションラボを経て、東大i.schoolで「イノベーションの研究と実践」を行ってきた田村大氏。そして、電通で数々のブランド戦略、CSR活動等、統合的なコンサルティングで「伝説のプレゼン」行ってきた白土謙二氏の二人による『広告会社からのイノベーションって?』の①と②が2014年1月30日に配信開始されました。

 単に広告会社の事業領域に留まらず、イノベーションによって社会に変革をもたらすための方法論が語られています。

『広告会社からのイノベーションって? ①』田村大×白土謙二
想定読了時間30分。希望小売価格250円。
『広告会社からのイノベーションって? ②』田村大×白土謙二
想定読了時間30分。希望小売価格250円。

 

 第二弾は、大友啓史氏(映画監督)と高崎卓馬氏(電通・CMプランナー)による「物語と格闘せよ!」。2014年2月13日の配信予定です。

プロフィール

  • Tamura
    田村 大
    株式会社リ・パブリック 共同代表

    株式会社リ・パブリック共同代表。東京大学i.schoolエグゼクティブ・フェロー。
    人類学的視点から新たなビジネス機会を導く「ビジネス・エスノグラフィ」のパイオニアとして知られ、
    現在は、地域や組織が自律的にイノベーションを起こすための環境及びプロセス設計の研究・実践に軸足を置く。
    著書に「東大式 世界を変えるイノベーションのつくりかた」(早川書房)など。

  • Shiratsuchi kenji pr 2
    白土 謙二
    思考家、元電通執行役員

    1977年電通入社。クリエーティブな発想力で、企業の経営・事業戦略から新製品開発、イントラネットからCSRの領域まで、多様な課題を統合的に解決する独自のコンサルティングで活躍。
    「伝えるコツ」立ち上げメンバーの一人。
    2015年3月末で、電通特命顧問を辞し、現在フリー。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ