「日本の食でおもてなし事業」記者発表会

農林水産省は1月27日、国産農林水産物の消費を拡大する取り組み「フード・アクション・ニッポン」(FAN)の一環として展開する「食と観光との連携による地元食材発信事業」(日本の食でおもてなし事業)についての記者発表を東京・千代田区の同省で行った。同事業は、和食のユネスコ無形文化遺産登録など国内外で“日本の食”への関心が高まっていることを受けて実施するもの。観光業界と連携して、日本各地の地元食材を活用した食の魅力や意義を全国に伝え、国産農林水産物の消費拡大につなげることを目的としている。

記者発表に先立ち、本事業のイメージキャラクターである女優の木村佳乃さんが、同事業のモデル旅館の女将6人と共に林芳正農水相を表敬訪問した。木村さんは「大臣の出身地の山口県にはまだ行ったことがないので、ぜひおいしいものを食べに行ってみたい」と話すと、大臣は「山口県だけでなく、全国においしいものがたくさんある。日本のおもてなしを世界に広げていきたい」と語った。

記者発表会では同事業の説明に続き木村さんが登場し、「ロケでさまざまな場所に行くときは、必ずその土地の季節の食材を頂く。日本には四季折々のおいしいものが豊富にある。日本の素晴らしさ、大好きな和食の魅力をしっかりと伝えていきたい」と意気込みを述べた。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ