日本生命

「がんばれ!ニッポン!プロジェクト」を展開

日本オリンピック委員会(JOC)のゴールドパートナーである日本生命は、2月7日に開幕するソチ冬季オリンピックに向け、「がんばれ!ニッポン!プロジェクト」を展開。テレビCM放送やキャンペーンを実施している。

 

CM「大輔ボトル」編では、男子フィギュアスケートの髙橋大輔選手を起用。大会時や幼少期の映像を使い、募金用の「大輔ボトル」のエピソードを交えながら、小さな時から周囲の支えで競技を続けている姿を描いている。「我が家の決まり」編では、女子モーグルの伊藤みき選手を起用。子どもの頃、週末はゲレンデに行くのが家族の決まりだった、という環境と今の活躍をつなげた内容で、家族写真や競技映像を使って表現した。両編のバックには、人気デュオ「ゆず」の新曲「ヒカレ」が流れる。同曲は、昨年実施した「みんなのコトバ×ゆず 新曲制作プロジェクト」で、一般から募集した“壁を乗り越える時に支えになった言葉”を元にゆずが制作したもの。

 

同社では、髙橋、伊藤両選手に応援メッセージをウェブで投稿すると、抽選で家電などがプレゼントされる「がんばれ!ニッポン! トドケ応援キャンペーン」や、クローズドキャンペーン「がんばれ!ニッポン! ヒカレ!あなたのみらいキャンペーン」を実施している。

キャンペーンサイト:nissay-mirai.jp/campaign/ganbare/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ