JAL

日本代表選手団を空と陸から応援

日本オリンピック委員会(JOC)オフィシャルパートナーの日本航空は、ソチ冬季オリンピック・パラリンピックに出場する日本代表選手団を応援するため、特別塗装機を就航させるとともに、羽田空港ターミナルで競技をモチーフにした特別ディスプレーを実施。空と陸から日本代表選手団の応援と大会の盛り上げを図っている。

 

特別塗装機(ボーイング777‐300型)には、「がんばれ!ニッポン!」のメッセージと、女子フィギュアスケートの浅田真央選手が大きく描かれている。3月中旬まで、主に東京(羽田)と沖縄(那覇)を結ぶ路線に就航している。同機は特別塗装の2号機で、「ニッポン!コールプロジェクト」のロゴマークが描かれた1号機は、すでに昨年10月から国内各路線で運航されている。 関連記事:dentsu-ho.com/articles/336/

羽田空港第1ターミナル内では、利用客に競技を身近に感じてもらおうと、バナーやレンチキュラー広告を掲出。床や階段を使ったディスプレーも実施し注目を集めている。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ