「JAL国内線 新商品・サービス発表会」で「嵐」の大野さんもアピール

日本航空は1月30日、「JAL国内線 新商品・サービス発表会」を港区のホテル日航東京で開いた。

同社は今春からJAL国内線に新仕様の機材「JAL SKY NEXT」を順次導入する。発表会会場には新しい機内を再現したステージを設け、JALのイメージキャラクター「嵐」の大野智さんをゲストに迎えて、新商品・サービスをアピールした。

冒頭、植木義晴社長は、「JALのアクションスローガン『Welcome! New Sky』に準じ、機内でインターネットを楽しめるJAL SKY Wi-Fiを備えた。全てのシートを本革にし、LED 照明を導入するなどインテリアも刷新する」と述べた。

2月上旬から放送予定の嵐が出演する新テレビCM「JAL SKY NEXT 宣言」編の上映に続いて、ステージ中央には、新シートに座ってスーツ姿で決めた大野さんが登場した。座り心地について大野さんは「高級感がある。包み込まれている感覚だ。だいぶスペースが広くなり快適です」とコメント。全国のJAL利用客に向けたメッセージを求められると「どんどん充実していくJALの機内で、自分だけの時間を過ごしてほしい」と語った。

新商品・サービスは、国内線のボーイング737・767・777など約77機を対象に5月から順次導入され、2016年上旬には完了する予定。

本革の新シートを紹介する植木社長(右)

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ