電通、アジャイルメディア・ネットワークと企業情報提供サービスで業務提携。ソーシャルメディア向けに、独自編集のニューズレターを配信

電通は、企業のソーシャルメディア活用支援などを手掛けるアジャイルメディア・ネットワーク(以下「AMN」)と、新しい企業情報提供サービスについて業務提携を行った。

昨今のソーシャルメディアの発達と普及により、社会の出来事や企業活動(新商品の発売など)に関するコメントを、自らの視点でブログやFacebook、Twitterなどに発信するブロガーやSNSユーザーが増加。それに伴い、企業が行う広報・PR活動も、これまで主流であったマスメディアに向けたものに加え、ソーシャルメディアへの情報発信が不可欠となり、マスメディアとソーシャルメディアを連動させた、新しいコミュニケーションの形態が増えている。

こうした状況下、電通とAMNは、提携サービスの第1弾としてソーシャルメディア向け情報配信サービスの提供を開始。以下がサービスの内容となる。

①企業が発信するさまざまな情報をもとにソーシャルメディア上の反響やマスメディアでの論調傾向などについて、独自の切り口で編集したニューズレターを作成する。

②ブロガー/SNSユーザー向けに、そのニューズレターを配信する。

2社の役割分担は、電通がニューズレターの企画制作および本サービスの販売を、AMNがブロガー向けの情報配信や啓発活動を、それぞれ担当する。

また、ニューズレターの企画、制作においては、著名なブロガーやネットメディアの編集者を外部編集委員(アドバイザー)として起用するほか、同ニューズレターをネットメディアやマスメディア向けに配信する計画もあるという。

ソーシャルメディア向け情報配信サービスは、本年3月からの提供開始に向けて、現在テストマーケティング(確認と検証)を実施しており、試行希望のある企業(20社・先着順)に対しては、無償で提供する。

 

アジャイルメディア・ネットワーク http://agilemedia.jp/

情報配信申し込み先 https://form.ambassadors.jp/newsblog/form/?id=newsblog1390972389

電通ニュースリリース http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/pdf/2014008-0204.pdf

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ