電通グループの米国Carat(カラ)が、米国アド・エージ誌が選ぶ「2014年メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞

米国を代表する広告業界誌である「アド・エージ誌」(Advertising Age)が、2013年の実績に基づいて選出する「2014年エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞」において、電通グループのメディア・コミュニケーション・エージェンシーである米国Carat(カラ)(本社・ニューヨーク市)がメディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得した。

受賞理由は、高いデータ分析力に基づく優れた戦略性や、電通グループ内での新たな協業体制の確立などが挙げられている。なお、米国カラは、前年に続き2年連続でのメディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞の受賞となった。

また、電通グループからは、総合デジタル・エージェンシーである360i(スリー・シックスティ・アイ、本社:ニューヨーク市)が、“2013年に米国において顕著な実績を残した広告会社10社(=エージェンシー・Aリスト)”の第3位に、デジタル・クリエーティブ・エージェンシーであるFirstborn(ファーストボーン、本社:ニューヨーク市)が“2014年に最も注目される広告会社10社”の一つに選定されている。

 

Carat http://www.carat.com/

360i http://www.360i.com/

Firstborn  http://www.firstborn.com/

電通ニュースリリース http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/pdf/2014009-0206.pdf

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ