「アミノバイタル」

髙橋選手を起用しCM、雑誌広告を展開

日本オリンピック委員会(JOC)ゴールドパートナーの味の素は、ソチオリンピックに向け、スポーツサプリメント「アミノバイタル」のテレビCMを放送している。同商品は、スポーツ時に大切なアミノ酸が摂取できるサプリメントで、JOC公式ライセンス商品であるとともに、日本アンチ・ドーピング機構の認定商品になっている。

 

「アミノバイタル 髙橋大輔インタビュー」編
「冬季競技」編

 

「アミノバイタル 髙橋大輔インタビュー」編は、フィギュアスケート男子日本代表の髙橋選手が、スケートリンクで練習中のカットをバックに、「アミノバイタルは、もはやスポーツ選手にとっては常識」と語り、「多くの人にも飲んでもらい、毎日を元気に過ごしてほしい」と訴えるもの。「冬季競技」編では、スノーボードやスキー・スラローム競技に、髙橋選手の激しい練習の場面を組み合わせ、「スポーツに必要なのは、水だけではなかった。」とアミノバイタルの必要性を訴求。ソチ大会に合わせ、日本代表選手やスノースポーツとアミノバイタルをつなぐCMで商品イメージの向上と、スポーツ時の常識化を図っている。

また、髙橋選手をメーンビジュアルに、「スポーツ。水。アミノ酸」のキャッチコピーで雑誌広告も展開中。アミノバイタルのサイト(www.aminovital.com/tvcm/)ではCMのメーキング映像も視聴できる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ