アドフェスト2014「ヤング・ロータス・ワークショップ」日本代表決まる

全日本広告連盟は2月7日、第17回アジア太平洋広告祭(アドフェスト2014、3月6~8日)に先駆けて行われる、「ヤング・ロータス・ワークショップ」(3月3~5日)の日本代表クリエーティブチームを発表した。

応募99チームの中から、電通関西支社の永井史子氏(コピーライター)、電通の松永ひろの氏(アートディレクター)チームが金賞を獲得、日本代表に選ばれた。

同ワークショップは今回で10回目。アジア各国の若手クリエーターがワークショップと広告コンペティションに取り組み、優勝チームはアドフェスト内で表彰される。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ