ベトナム発★ ホーチミンにマクドナルド1号店

ベトナム・ホーチミン市に初お目見えしたハンバーガーショップに長蛇の列―。
マクドナルドは2月8日、ベトナム1号店をオープンし、開店当初から多くの市民が押し寄せた。今後10年間で、ベトナム国内だけで100店舗以上の展開を目指すという。

 
マクドナルド1号店は、交通量の多い
ホーチミン市1区のロータリーにオープンした(NNA撮影)
食事客でにぎわうマクドナルド1号店の店内(NNA撮影)

 

ベトナム1号店(2階建て・350席)ができたのは、1区のディエンビエンフー通りとグエンビンキエム通りのロータリー。24時間営業である他、ベトナム初となるドライブスルーも導入しており、注目を浴びている。
価格は、定番の「ビッグマック」が6万ドン(約290円)、「チーズバーガー」が4万ドン、「マックチキン」が5万ドンなど。フライドポテトとソフトドリンクのセットメニューはそれぞれ2万5000ドン上乗せされる。ベトナム向けとしては、豚ミンチのハンバーグとレタスを挟んだ「マックポーク」(4万ドン)がメニューに並んでいる。「コム・ビンザン」と呼ばれる一般的な大衆食堂なら1食2万5000ドン程度で食べられるため、これに比べると高価だが、人気を呼んでいる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ