羽生結弦選手 

テレビ視聴率でも「金」?

2月14日夜からフジテレビ系で放送(午後11時~15日午前4時50分)された、ソチオリンピックのフィギュアスケート男子シングルフリーの平均視聴率が、関東地区で16.6%だったことがビデオリサーチの調べで分かった。同地区の瞬間最高は羽生結弦選手の金メダル確定直前の23.1%で、深夜帯としては異例の数字を記録した。

一方、NHKが2月16日未明から放送した、スキージャンプ男子個人ラージヒルの平均視聴率は、午前4時半~同5時の間で9.2%(関東地区)。瞬間最高は葛西紀明選手の銀メダルが決まる直前の10.2%だった。

(写真=フォート・キシモト)

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ