最高10億円BIG発売発表会に
水沢アリーさんとハリセンボン

サッカーくじ(toto)を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)は2月12日、「バレンタイン直前!当せん祈願に、BIGな札束!?チョコをプレゼント!-最高10億円BIG  販売記念PRイベント-」を東京・渋谷区の新宿タカシマヤ ジェイワン広場で開催した。2月15日に販売を開始する同くじの1等当せん金が、昨年に続き最高10億円になることを発表した。

トークセッションにはゲストとして、タレントの水沢アリーさんとお笑いコンビ、ハリセンボンの近藤春菜さんと箕輪はるかさんが登場。「10億円を手にしたら」との問いに水沢さんは「サッカースタジアムを造りたい」、近藤さんは「豪華客船で世界一周」、箕輪さんは「家電を買い替えて、残りは貯金。通帳を眺めてニタニタしたい」とそれぞれユニークな使い道を披露した。

発売前日がバレンタインデーになることから、その思い出について聞かれると、「バイト中にチョコを作って怒られた」(水沢さん)、「手作りチョコで、固まる前にクマのクッキーを乗せたら、首だけ出ている怖いチョコになった」(近藤さん)、「仲のいい男子にあげたら翌日から無視された」(箕輪さん)とエピソードを明かした。トークセッション後は、100万円の札束をイメージした“札束チョコレート”を来場者に手渡し、「10億円BIG」をアピールした。

俳優の堤真一さんと真木よう子さんが出演するテレビCMは2月15日から放送されている。
詳細は、JSCサイトへ

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ