D2Cが「モバイル広告大賞」を「コードアワード」に刷新~3月3日から応募受け付け

D2Cは、2002年から開催してきた「モバイル広告大賞」をリニューアルし、新たに「コードアワード」を立ち上げ、3月3日から応募を受け付ける(4月25日まで)。

コードアワードは、スマートフォン(スマホ)の普及や、統合型マーケティングコミュニケーションの定着を背景に、対象をこれまでのモバイル限定からスマホを中心とする各種デジタル全域に拡大。デジタルを活用したマーケティングコミュニケーション事例・作品を顕彰する。名称のコード(CODE)とは、Creativity Of Digital Experiences(デジタル体験の創造性)の頭文字で、デジタルの世界を形成するソースコードにちなむ。

「コードアワード2014」の選考対象は2013年4月1日から2014年3月31日に実施・開始された事例・作品。広告主、広告会社、制作会社などが応募できるが、賞は広告主に授与される。全応募作品の中から最も優れた1作品に「グランプリ」を授与する他4賞を選出。ウェブ上での一般投票による「パブリックベスト」も設ける。

早稲田大商学学術院教授の恩藏直人氏が審査員長を務め、夏野剛氏、伊藤直樹氏、堀江貴文氏ら計8氏が審査に当たり、6月中旬に各賞を発表する予定。

詳細はwww.codeaward.jpで閲覧できる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ