東京招致の立役者、ニック・バーリー氏

『世界を動かすプレゼン力』出版

東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会でコンサルタントを務め、招致成功の立役者として知られるニック・バーリー氏の著書『日本はこうして オリンピックを勝ち取った!世界を動かすプレゼン力』(NHK出版、2月26日発売)の出版記念セミナー「日本はこうしてオリンピックを勝ち取った!戦略 的コンサルタントが伝授するグローバルコミュニケーション力」が2月20日、東京・港区の六本木アカデミーヒルズで開催された。

バーリー氏は、ロンドンを拠点とする国際スポーツコンサルタント企業Seven46の創業パートナー/CEO。戦略的コンサルタントとして、12年のロンドン、16年のリオ・デ・ジャネイロ、そして20年の東京と、3大会連続で招致成功へ導いた。

招 致成功の大きな勝因の一つといわれる「最終プレゼン」。日本人は「プレゼンが苦手」と思われがちだが、同プレンゼンを手掛けたバーリー氏は、プレゼンが得 意でない人でも国際的舞台で説得力のあるプレゼンを行い、成功に導けることを教えてくれた。グローバルシーンで成功するコミュニケーションとはどのような ものか、日々のビジネスの中で自分の意見をアピールし説得させるには何が必要か―、最終プレゼンの裏側を交え、「ニック式、プレゼンを成功に導く戦略」が 語られた。

同氏が挙げた戦略は、「DO THE MATH/まずは数字から」「KNOW YOUR AUDIENCE/オーディエンスを理解する」「MAKE AN IMPACT/インパクトを演出する」「KEEP MAKING IMPACT/インパクトを持続する」「BE VISUAL/視覚に訴える」「BE VISIONARY/明確なビジョンを持つ」「PERFORM/パフォーマンス」の7つ。

詳細は同著で→http://www.amazon.co.jp/dp/4140816309

なお、六本木アカデミーヒルズでのセミナー内容の一部は、公式HPで公開されている。
→http://pr.nhk-book.co.jp/nick_presentation

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ