ロボット掃除機「アイロボット ルンバ」新製品発表  

コリン・アングルCEO来日

アイロボット日本総代理店のセールス・オンデマンドは2月18日、ロボット掃除機「ルンバ」の新製品発表会を東京の渋谷ヒカリエで開催した。約3年ぶりとなる新製品「800シリーズ」は高度な人工知能に加え、新開発のクリーニングシステムで吸引力と清掃性能を向上させた。

写真左=セールス・オンデマンドの室﨑社長

 

 

冒頭、来日したアイロボット社のコリン・アングルCEOが登壇しプレゼンテーションを実施。ホームロボット以外でも、さまざまな分野でロボット技術が活用されている現状を説明し、「私たちは創業以来、ロボットテクノロジーを推進し、人々の手伝いをするために存在している」と同社の姿勢を示した。また、同製品の特長などを話し、ロボット掃除機の市場がますます拡大する中、800シリーズの発売に自信を見せた。

セールス・オンデマンドの室﨑肇社長は、昨年10月に日本でのルンバの累計出荷台数が100万台を超えたことや、ロボット掃除機市場でのルンバのシェアが約65%だと明かし、60~70歳代のユーザーが増加していると話した。

会場には、吸引力が確認できるデモンストレーションや、部屋での動作が見られるコーナーも設置された。アングルCEOと製品の注目度は高く、約230人の報道関係者が出席した。同シリーズは、世界に先駆け3月1日から店頭販売が開始される。

ルンバ800シリーズサイト:irobot-jp.com/roomba/800series/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ