ソチオリンピック「電通レセプション」

電通はソチオリンピック期間中の2月19日、「電通レセプション」を現地オリンピックパーク内の「ザ オリンピック クラブ」で開いた。国際オリンピック委員会(IOC)関係者約50人をはじめ、協賛企業・メディア関係者ら計約150人が参加した。 

電通の中本祥一副社長は、「IOCと電通は長年にわたり協働してきた。今後もリオ、平昌、東京と成功に向けて良好な関係を継続していきたい」と謝辞を述べた。

IOC副会長でIOC東京オリンピック調整委員会委員長であるジョン・コーツ氏は、電通のオリンピックムーブメントへの貢献などに感謝の意を表し、IOCのビブスとトーチを中本副社長に贈呈した。

コーツ氏、中本副社長らによる鏡開きが行われ、和食や音楽の生演奏などで来場者をもてなした。

写真:フォート・キシモト

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ