アエロフロート 

プレミアリーグのトロフィーを披露

アエロフロート・ロシア航空は3月9日、イングランド・プレミアリーグのチャンピオントロフィーを披露するイベント「アエロフロートプレゼンツ マンチェスター・ユナイテッド トロフィーツアー」を東京・六本木ヒルズアリーナで開催した。同社はロシアのフラッグシップキャリアでヨーロッパ最大の航空会社グループ。2013年7月から、世界で最も成功しているサッカークラブ「マンチェスター・ユナイテッド」と提携を開始し、チームの公式キャリアを務めている。同クラブが2012~13年シーズンに優勝し授与されたトロフィーを世界中で披露するツアーを実施していることから、今回日本での初公開となった。

                      

冒頭、日本支社のセルゲイ・モイセエフ支社長は「アエロフロートはスポーツ支援に力を入れている。マンチェスター・ユナイテッドとのイベントができてうれしい。これからも日本とのつながりを強めていきたい」とあいさつした。イベントに参加した、サッカーファンでタレントの土田晃之さんは「レプリカではなく本物が見られるのはすごい!」と興奮気味だった。ステージには、同クラブを5度にわたりリーグ優勝に導いた伝説のフォワード、アンディ・コールさんが登場。現在クラブのアンバサダーを務めるコールさんは、自らの手でトロフィーを来場者に披露した。コールさんはトロフィーに少しへこみがあるのは、優勝の興奮の中で誰かが落としてできたものと明かし、「これは38試合の激闘を制したチームへのご褒美だ」とトロフィーへの愛着を述べた。

                        

また、同クラブ所属の香川真司選手のビデオメッセージ上映や、フリースタイルフットボーラーによる華麗な演技で会場を楽しませた。クイズ大会や抽選会も行われ、同社オリジナルグッズやクラブのオフィシャルボール、選手のサイン入りTシャツなどがプレゼントされた。公式サイト(manutd.aeroflot.com/jp/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ