電通の髙崎卓馬ECDが2013年「クリエイター・オブ・ザ・イヤー」を受賞

一般社団法人 日本広告業協会が主催する2013年「クリエイター・オブ・ザ・イヤー」を、電通のエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター(ECD)である髙崎卓馬が受賞した。

同賞は、日本広告業協会が会員社の中から、2013年に最も優れたクリエーティブワークを行ったクリエーター個人を表彰するもので、1989年の立ち上げ以来、25回目となる。電通のクリエーターが選出されたのは、今回で23回目。

髙崎ECDは、「2020年オリンピック・パラリンピック東京招致」を実現するためにさまざまな施策を立案・実施し、最終プレゼンテーションの映像を含めた東京招致に関る作業をトータルに手掛け、「“すべての仕事が日本代表”というにふさわしく、数多くの記憶に残るクリエーティブワークで人々を魅了した」として、2010年に続き2度目の「クリエイター・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

【受賞コメント】
「前回この賞をいただいたのは震災の直後でした。この賞の力を借りて、自分にできることを精一杯やってきました。今回またいただいたということは、まだまだやりなさいと言われているのだと思います。この賞がくれる力をきちんと、正しく使うようにしたいと思います。がんばります。」

【主なクリエーティブワーク】
・エイベックス通信放送株式会社「ドコモdビデオ」
・2020年オリンピック・パラリンピック東京招致
・サントリー食品インターナショナル株式会社「オランジーナ」
・ソネット株式会社「NURO」
・東日本旅客鉄道株式会社「行くぜ、東北。」
・日本中央競馬会「G1告知」
・インテル株式会社「ウルトラブック」
・株式会社朝日新聞社「デジタルキャンペーン」

髙崎卓馬
株式会社電通 コミュニケーション・デザイン・センター ECD/CMプランナー
1993年4月入社、44歳


電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/0312-003660.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ