台湾発★ ゆるキャラが“公務員ヘッド”に就任!? 「くまモン」とのコラボも視野に

台湾で「ゆるキャラ」が“バーチャル動物公務員”になった。交通部観光局はこのほど、台湾観光のマスコットキャラクターである「Oh! Bear」を、新たに立ち上げたプロジェクトチーム「超級任務組」の“ヘッド”に任命すると発表した。アジアの経済情報を配信するNNAが伝えた。

Oh! Bearは台湾の希少動物「台湾黒熊」(ツキノワグマ)をモチーフにした、いわゆる“ゆるキャラ”。超級任務組は台湾内外のマスコットキャラクターとの交流を主な任務とする。 “就任”に伴い、同局のオフィスには専用デスクも置かれるという。

Oh! Bearの着ぐるみは15体製作され、台湾だけでなく同局の海外拠点12カ所にも派遣。域内外での観光PRに当たる。近く関連グッズも発売する計画。

この他、日本の民間団体「台湾を応援する会」がつくったゆるキャラ「タイワンダー☆」との提携も決定し、熊本県のPRキャラクターとして台湾でも人気がある「くまモン」とのコラボも協議中だという。

Oh! Bear(左)とタイワンダー☆

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ