インド発★ 世界が注目!インドの男性用化粧品市場

 

男性用化粧品市場で、インドが注目されていると、エコノミック・タイムズ(電子版)がリポートしている。

 
インドでの化粧品メーカーの売上高は、
男性向けの比率が高い(NNA撮影)

仏高級自然化粧品大手ロクシタンは、インド市場で男性向け化粧品が売上高の13 %を占める。欧州は10%、日本は5~6%となっており、インドでは男性部門の寄与度が高い。米トイレタリー大手のクラブツリー&イヴリンは、インドの売上高の2割を男性化粧品が占め、世界市場平均の2倍水準となっている。ボディショップは男女兼用商品を男性が購入する割合は18%で、世界平均(12~14%)を上回る。ロクシタンによると、「インド人の男性は、普段から見かけと心地よさに気を配る。男性自身が店を訪れて購入するスタイルが定着しつつある」と分析している。

ランコムやイヴ・サンローラン、キールズ・ニューヨークなど高級ブランドの化粧品や香水を取り扱うロレアル・インディアのラグジュアリー部門担当は「インドの男性は以前より美へのこだわりが強まっている。初めて入る店舗でも恥ずかしがることなく商品を試したり、店員の話を聞く」と説明する。また、「高級品に限ったことではなく、スキンケア商品でも男性の支出は他国に比べ高い」とコメント。男女共用の商品群は男性による購入が全体の20~25%を占め、世界平均(15%)より高い。香水部門でもこの傾向は顕著で、「香水の売上高の男女比率は、世界全体では65%を女性が占めるが、インドでは全く逆で男性が60%を占める」と話している。

インド市場のこれ以外の特徴として、ボディショップ・インディアは「消費の主導権は男性にある」と指摘。インドで可処分所得を優先的に管理するのは女性より男性という傾向が強く、男性向け商品が売上高に貢献しているというより、むしろ女性のための購入も含めて男性消費者の支出が下支えしているとの見方を示す。

 

インドの1人当たりの可処分所得を男女別に見ると、男性は約10万3000ルピー(約17万円)なのに対し、女性は約4万2000ルピーと2.5倍近くの差がある(2013年統計、ユーロモニター調べ)。5年前(08年)に比べ、男性は1.8倍、女性は1.9倍に拡大したが、性別による所得差は縮まっていない。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ