『大人のおしゃれ手帖』創刊

20万部完売!

宝島社は3月7日、40~50代の女性をメーンターゲットにした月刊誌『大人のおしゃれ手帖』(西山千香子編集長:『リンネル』編集長兼任)を創刊した。毎月7日発売、L判、定価782円。

朝日新聞 全ページカラー広告
 

 

年を重ね自分のスタイルにたどり着いた女性たちに、“暮らしの中のリアルファッション”を提案し、美容、健康、食、旅行、インテリアなど暮らしを豊かにする雑誌を目指す。
創刊号の表紙には女優の桐島かれんさんを起用し、巻頭で“40代、50代の素敵な普段着選び”を特集した。創刊に当たり、テレビCMや新聞でプロモーションを展開。新聞広告では、創刊号を柔らかい光の中に置いたビジュアルで世界観を伝えた。「広告を見て雑誌を買った」という読者も多く、発売後一週間で20万部が完売。雑誌業界で明るい話題となった。

同社は3月26日にも、37歳からの女性ファッション誌『オトナミューズ』(渡辺佳代子編集長)を創刊。毎月28日発売、L判、定価792円。15年前に創刊されたファッション誌『sweet』読者の卒業生に向け、“すべての女神たちへ”をテーマにファッション、美容の他、旅やインテリアなどを取り上げる。「37歳、輝く季節が始まる」をコンセプトに、モデルやスタイリスト、フォトグラファーなど誌面に関わるスタッフも全員40歳前後とした。
創刊号の表紙はモデルの梨花さんで30万部を発行。『大人のおしゃれ手帖』に続き好調な売れ行きを示している。同社は付録も重要なコンテンツと考え、両誌に上質なブランドアイテムを付けた。今後も毎号継続する予定だ。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ