loading...

JAAAが定時総会開く、新理事長に博報堂の成田氏

    2017/06/01

    JAAAが定時総会開く、新理事長に博報堂の成田氏

    日本広告業協会(JAAA)は5月31日、2017年度定時総会を丸の内のパレスホテル東京で開いた。16年度事業と収支決算報告、17年度事業計画と収支予算案、理事選任などについて審議・承認した。終了後の記念式典では、第46回懸賞論文2016年クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞の表彰式、第52回吉田秀雄記念賞の贈賞式が行われた。

    16年度事業では、「協会の運営」「広告と広告業のPR」「教育と研究」「取引合理化関係」について、各委員会が中心となって事業を推進。働き方改善へ向け業界の労働改善への取り組みを強化したことなどを説明した。

    また、「オーディエンスデータ」「動画広告フォーラム実行」「考査検討」「NSAC(日本新聞アドカラー)対応」「新聞調査」のワーキンググループを新設し、計14グループで活動したことが報告された。

    17年度事業計画では、協会の目的である「広告業の健全な発達と広告活動の改善向上」に向け、共益事業の効率的で効果的な推進を図っていくとした。働き方改善については、正副理事長直轄の「特別委員会」を中心に、関係団体との協議・連携を進めながら推進する。

    総会後の理事会で新理事長に就任した成田純治氏(博報堂取締役相談役)が登壇し「広告業界では、デジタルと働き方を中心に大きな変化が起こっている。この変化に対応するためには関連団体との連携と協力が欠かせない。広告は世の中を明るくし、人々の生活を幸せにする力を持っている。広告に携わる人々が前向きに明るく、クライアント・メディア・生活者と共にこれからの時代をつくっていけるように、業界を盛り上げていきたい」とあいさつした。

    新理事長に就任した成田氏のあいさつ
    新理事長に就任した成田氏のあいさつ

    続いて行われた記念式典では、「愛される広告」をテーマにした懸賞論文の入賞・入選者を表彰。金賞の竹内好文氏(電通)らが登壇した。

    論文金賞の竹内氏(前列中央)と受賞者
    論文金賞の竹内氏(前列中央)と受賞者

    続いてクリエイター・オブ・ザ・イヤーを獲得した菅野薫氏(電通)、吉田秀雄記念賞に選ばれた中田安則氏(読売広告社会長)らへの贈賞が行われた。

    クリエイター・オブ・ザ・イヤーの菅野薫氏(前列中央)と同メダリスト
    クリエイター・オブ・ザ・イヤーの菅野薫氏(前列中央)と同メダリスト
    吉田秀雄記念賞の中田氏
    吉田秀雄記念賞の中田氏