loading...
MENU

ソフトバンク 新料金サービスを発表 謎を呼ぶCMも開始

    2018/08/31

    ソフトバンク
    新料金サービスを発表
    謎を呼ぶCMも開始

    ソフトバンクは9月6日から、スマホ向けの新しい料金サービスの受け付けを開始する。

    それに先立つ8月29日、東京・中央区のベルサール汐留で記者発表会を行った。
    冒頭、榛葉淳副社長は「2008年7月11日、iPhoneがデビューし、スマホという言葉がなかった時代から10年がたった。以後、ライフスタイルは劇的に変化し、いつでもどこでもショッピングができ、あらゆる動画が楽しめる他、SNSの発信源にもなっている。しかし一方で、ユーザーはデータ容量を気にするあまり、楽しみが制限されている」と現状に触れ、ストレスフリーの考えに基づいて、新しい料金サービスを提供すると話した。

    新料金サービスは、スマホユーザーが動画サービスやSNSを気兼ねなく使用することができるよう、対象となる八つのサービスについてデータ容量を消費しない「ギガノーカウント」とする「ウルトラギガモンスター+(プラス)」や、データ通信利用が少ないユーザー向けの「ミニモンスター」、加入した家族の人数に応じて「ウルトラギガモンスター」の月額料金を割引する「みんな家族割+(プラス)」など、三つの料金プランが中心になっている。

    発表会の後半は新テレビCMの上映から始まった。
    CMの舞台は、1920年代のオリエント急行。事件の発生を予感させる謎に満ちた映像が、映画のようなミステリアスな演出で展開される。
    ステージには、CMに登場する「黒マントの男」に扮した、お笑い芸人の陣内智則さんが登場。「CMには一切出ていませんが、次回作があるかもしれないので、これを機に…」とアピールしながら、出演者の女優・樋口可南子さんと杉咲花さん、ユーチューバーのHIKAKINさんを呼び込んだ。

    CMのゴージャスな衣装を着た樋口さんと杉咲さんは「「いつもの白戸家とは違い、こんな映画みたいなCMは初めて」などとコメント。HIKAKINさんは、CM衣装ではないスーツ姿を指摘されると、「違いますね。これはミステリーです」と会場の笑いを誘った。
    4人はCMで提起される謎を解明すべくトークを展開するが、出演者は何も知らされていないことが判明。黒マントの男の正体も「列車の中ですれ違ったが分からなかった」「完璧に顔を隠していたから」と不明のまま。

    陣内さんが、列車内で倒れていた太めの女性について「このサイズ感、皆さんも正体は分かってますよね?」と問いかけても、ゲストの3人は笑いながら「謎です」と口をそろえた。
    CMで倒れていた女性が、スマホでHKAKINNさんの動画を見ていたことに話題が及ぶと、一同は、謎の一つは新サービスの「動画使い放題」に関係しているのは間違いないとの結論に達し、今後のシリーズCMの展開に期待を持たせた。
    動画を仕事にするHIKAKINさんは「動画使い放題は本当にありがたい。自分も外出先で動画を見る時はデータ容量を気にしている。この新サービスで時代が変わると思う」と話した。

    公式サイト:
    https://www.softbank.jp/mobile/special/giga-monster/