loading...

    2020/01/24

    東京2020大会 日本代表ユニホームを発表

    日本代表選手団公式服装発表①
    東京2020組織委は1月23日、オリンピック・パラリンピックで日本代表選手団が着用する公式服装(開会式用・式典用ユニホーム)を発表した。
    公式服装は、「ニッポンを纏う」というコンセプトの下、「東京2020大会の価値の発信」「歴史と伝統の継承」「国民との一体感」を表現。公募によりデザインを募集し、JOC・JPCオフィシャルサポーターのAOKIが制作する。オリンピック・パラリンピックの「共生」をテーマに、両大会で統一デザインを初めて実現した。

    日本代表選手団公式服装発表会でのあいさつ


    JOC専務理事でオリンピック日本代表選手団の団長を務める福井烈氏は、「公式服装は、選定委員会メンバーのJOC・JPC・オリンピアン・パラリンピアン・外部有識者で協議し、多くの関係者の協力を得た。コンセプトにふさわしいデザインだと思う。シューズは過去大会で実績があるアシックスに制作を依頼した」とあいさつした。
    JPCの鳥原光憲会長は、「今回画期的なのは、デザインがオリンピック・パラリンピックで統一されたこと。開会式で、パラリンピック選手がオリンピック選手と同じユニホームで新しい国立競技場を堂々と行進する姿を見るのは楽しみ。強い一体感と両選手団の相乗効果を最大限に高め、活躍することを期待する」と述べた。

    組織委の森喜朗会長は、「2013年にブエノスアイレスでのIOC総会で、日本が大会誘致を進めていた当時の制服もAOKIが担当し、縁起が良い。オリンピックとパラリンピックとが一体であることを、この同一のユニホームで彩り、『共生』というテーマを具体的に示す役割を期待する」と語った。
    AOKIホールディングスの青木擴憲会長は、「当社の経営理念“世の中のお役に立つ”に基づき、開会式で最後に登場するホスト国としてふさわしいデザインを提案した。選手一人一人の要望に応えるために、新たなパーソナルオーダーシステムを導入し、スタイリスト300人で採寸する」と話した。

    日本代表選手団公式服装(開会式用)
    会場には、瀬戸大也(競泳)、三宅宏実(ウエイトリフティング)、土田和歌子選手(パラ・トライアスロン)ら6人のアスリートとモデルが、開会式用と式典用の服装で登場した。
    開会式用は、涼しげでさわやかな印象の白いジャケットに、パンツは選手団を力強く表現した情熱の赤色。女性はパンツ・キュロットの選択が可能で、暑さ対策のための通気性に加え、ストレッチ性・軽さ・防皺性にもこだわっている。

    日本代表選手団公式服装(式典用)
    式典用は、優美な光沢感のある紺色のジャケットに真っ白なパンツ。白地に赤ストライプのクレリックシャツを合わせる。ネクタイとスカーフはペアデザイン性を大切に、縁起が良いといわれる七宝柄をはじめ、うろこ柄、縞柄など、日本の伝統柄を組み合わせている。女性はパンツ・キュロットを選べる。ジャケットは麻100%、深みのあるゴールドボタンやエンブレムも日本製だ。

    日本代表選手団公式服装(開会式用)
    日本代表選手団公式服装(開会式用)
     

    瀬戸選手は、「ストレッチが効いていて疲れない」と話し、三宅選手は、「軽くて着心地がよく柔らかい色合い」と気に入った様子。これまで何度も公式服装を経験しているベテランの土田選手は「これまで以上に良い。障がいに合わせて上・下半身のサイズを測って作ってもらえる。とても動きやすい」とコメントした。

    また当日は、審判・技術役員が着用するテクニカルオフィシャルユニホームも発表した。フォーマルウエアとカジュアルウエアの2種類があり、フォーマルはAOKIが、カジュアルは大会ゴールドパートナーのアシックスが制作する。

    ユニホームのテーマは「暑さ対策・持続可能性・多様性」。ジャケットはユニセックスデザインで、初の試みとしてスカートを廃止し、パンツに統一。ネクタイ・スカーフは自由選択で、ジェンダーニュートラルな考え方に加え、さまざまな国籍・年齢や着用シーンに対応できるデザインとしている。

    AOKIホールディングスの青木彰宏社長は、「暑い夏を快適に過ごせ、世界を迎えるにふさわしい装いを提供することで、大会の成功をサポートしていきたい」と述べ、アシックスの松下直樹常務執行役員は、「イノベーティブで安全な大会となるよう、製品を着用して快適に大会に貢献してもらいたい」と話した。

    審判・技術役員が着用するテクニカルオフィシャルユニホーム