AQUOSスペシャルサイト

「先駆のプライド。」の映像美が話題

シャープ4K対応液晶テレビ「AQUOS UD20」のスペシャルサイト
(www.sharp.co.jp/aquos/ud20.html) が、その映像美で話題だ。同社は液晶テレビメーカーの先駆者として、独自の技術力を基にアクオスブランドの神髄を訴求する同サイトを6月25日から立ち上げた。

(企画制作: シャープ、電通関西支社、エルロイ<映像>、メフィラス<ウェブ>)

 

サイトのスローガンは「先駆のプライド。」。

国内11カ所で撮影を敢行。日本の伝統美の中に、光と影、音色を見いだし、陰影に富んだ映像にまとめた。サイトはアクオスの商品特徴に沿って、五つの技術にフォーカスしたコンテンツで構成されている。

無窮の色」では、鳥居や紅葉、和傘を見せながら“赤”にもさまざまな色味があるとし、“真実を写せ。”とアクオスの色再現力をアピールする。「克明の描」では、闇の中で美しさが際立つ漆器や切子の映像に、“反射を極めろ。”と深い黒を写し出す独自の技術を、「無欠の技」では、和服の染付や食器の金箔貼りなど伝統の技を見せながら“映画館@HOME”と映画のような品質を追求したと訴える。また「精緻の音」では、竹林を渡る風や打ち上げ花火の映像で音響美を、「存在の美」でアクオスのデザインをアピールする。

 

同サイトは、公開後1カ月で約14万ページビューを記録した。

これからの季節、映像美に酔い、日本の伝統美を再認識してはいかがだろうか。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ