“ドデカクつかおう。”

ダイハツ「ウェイク」登場!

ダイハツ工業は11月10日、新型軽乗用車「WAKE(ウェイク)」を発売するとともに、港区の東京プリンスホテルで記者会見を行った。

 
 
DECADECA(デカデカ)
 

同車は、昨年の東京モーターショーで参考出品した「DECA DECA(デカデカ)」をベースに、日常・レジャー使いにさまざまな便利機能を盛り込んだ。            

  三井社長  
 
三井社長
 


三井正則社長は「ワクワク感を呼び覚まし、日本を元気付けたいという思いからウェイクと名付けた。安全運転に寄与する高いアイポイントと、さまざまなシーンに適応する荷室の広さにこだわった」とあいさつした。

技術本部の上田亨副本部長は、企画段階から45のシーンを想定して開発に当たり、さらにレジャーでの利便性を追求するため、6ジャンル(釣り、登山、キャンプ、サーフィン、スノーボード・スキー、自転車)のプロフェッショナルとコミュニケーションし、多くの意見を取り入れたと明かした。また将来的には、それぞれのレジャー向けに特化した特別仕様車の開発も予定していると述べた。

上田副部長  
上田副本部長
   

 

ステージには、7人のレジャー・プロフェッショナルが登場。7人は同車の仕上がりに「荷室が大容量で、ストレスなくきれいに収納できる」「まるで走るタックルボックス(釣り道具用の容器)だ」「ロードバイクが2台も積めて驚いた」など高く評価した。製品企画部の中島雅之チーフエンジニアは「プロたちのアドバイスにより、当初の計画から30を超える仕様変更をした。今後も改良を重ね大切に育てたい」と語った。

 

中島チーフエンジニア(右)と7人のレジャー・プロフェッショナル
中島チーフエンジニア(右)と7人のレジャー・プロフェッショナル

 

     
 
『山と渓谷』 吉野徳生編集長
 

 

     
 
『バイシクルクラブ』 鈴木喜生編集主査
 

 

     
 
プロアングラー 児島玲子、秋丸美帆氏
 

 

 
モンベル広報部 佐藤和志課長

 

 
『波伝説』 サーフリポーター・プロサーファー 嵯峨明日香氏

 

     
 
スノーボード・スキーカメラマン ニール・ハート氏
 

同社では、6ジャンルのレジャー・プロフェッショナルとのコラボレーションによる広告プロモーションも実施する。各ジャンル専用のカタログ製作や、BS放 送などの趣味番組を活用した、釣り人、登山愛好家に向けたCM展開、モンベルフェアや自転車の祭典・セオフェスなど各種イベントでの車両展示を予定してい る。

 

公式サイト:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm

関連記事:
ファーストレディーの意見も取り入れて “働く人の相棒”がフルモデルチェンジ[2014.09.08]

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ