JAAA第45回懸賞論文入賞・入選作品決まる

日本広告業協会(JAAA)の主催する第45回「懸賞論文」で3月11日、「論文」と「私の言いたいこと」の入賞・入選作品が決定した。同賞は、協会会員社内における実務に根ざした主張や提言を広告業界に反映させるという趣旨で毎年募集され、今回で45回を数える。応募は、「論文」の部(課題「広告が動く、動かす」)に83編、「私の言いたいこと」の部(一般部門、新人部門)に529編、計612編で過去最高。論文の金賞・銀賞・銅賞の計3編、「私の言いたいこと」からは入選10編が選出された。

金賞に選出された日塔史氏(電通)の「AI革命の『大分岐』で広告業界が動く~人を動かす次世代エージェント」には、審査員から「AIについての鋭い指摘があり、頭ひとつ抜けた素晴らしい論。広告業界で働く人にぜひ読んでもらいたい作品」と高い評価が集まった。なお日塔氏の金賞は2年連続。表彰式は、5月31日に開催される定時総会・記念式典上で行う。 

第45回「論文」「私の言いたいこと」懸賞論文募集 入賞・入選者(敬称略・順不同)

 ☐「論 文」の部

課題:広告が動く、動かす

金 賞

日塔 史 電通 イベント&スペース・デザイン局 エクスペリエンス・テクノロジー部 シニア・マネージャー

「AI革命の『大分岐』で広告業界が動く~人を動かす次世代エージェント」

銀 賞

伊藤 耕太 博報堂 第二プラニング局

「“妄想力”の冒険 —— 北斎、ビッグデータ、そしてワイルドアイデアへ」

銅 賞

菅 順史 博報堂 生活総合研究所

「『興味の壁』を越えさせる広告へ

~『情報の個別最適化』社会だから求められる『振り向かせる』技術~」

☐「私の言いたいこと」の部

○一般部門(第1~7テーマのいずれかを選択)

第1テーマ 営業、アカウントマネジメント

森永 洋介 電通 デジタルマーケティングセンター B2Bマーケティング部 シニア・プランニング・マネージャー

第2テーマ メディア、メディアプランニング・開発

池田 大介 電通 デジタルマーケティングセンター パフォーマンスマーケティング1部 チーフ・マーケティング・プランナー

第3テーマ 戦略プランニング、プロモーション、PR

重田 康宏 アサツー ディ・ケイ ストラテジック・プランニング本部 第3ストラテジック・プランニング局 プランナー

第4テーマ クリエイティブ

坂口 健一郎 電通 第2CRプランニング局 クリエーティブ・ディレクター

第5テーマ テクノロジー、プラットフォーム(事業開発)

中西 知行 フロンテッジ ソリューション本部 ソリューションマネジメントチーム

第6テーマ 管理(総務、人事、教育、経理、システム、法務、広報、経営管理等)

中本 実万 電通 第9営業局・局長補

第7テーマ その他(第1~6テーマにあたらないもの)

※共同執筆

伊東 美穂 電通 マーケティングソリューション局第2マーケティングソリューション室部長CSR/CSVコンサルティング・ディレクター

大内 櫻子 電通 マーケティングソリューション局第2マーケティングソリューション室チーフCSR/CSVコンサルタント

梅津 弓子     電通 マーケティングソリューション局第1マーケティングソリューション室チーフCSR/CSVコンサルタント

杉之尾 剛生 電通 マーケティングソリューション局チーフCSR/CSVコンサルタント

 ○新人部門 テーマ:自由

荒川 拓 電通 デジタルマーケティングセンター データマネジメント部 アナリスト

明石 美瑛 フロンテッジ 営業本部 メディア・コンテンツ部門 インタラクティブ・メディアチーム

佐々木 駿 電通 デジタルマーケティングセンター プロセスイノベーションブ マーケティング・プランナー

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ